彼と彼女のロジック

彼と彼女の体験談を蓄積しています。

憧れの彼とつきあえたけど自然消滅でずるい【3年も損したけど最後ははっきり断れた】

高校の時は、見た目とかおしゃれに興味がない女子で恋愛できなかった。

大学生になって、友達に触発されてダイエットもして見た目も気をつかうようになれた頃、高校の時のかっこいい彼に再会。

かっこよくて雲の上の人だって思ってた彼と仲良くなれて、ふわふわした気分。付き合えることになった時は、嘘じゃないかって思ってた。

後でわかったことなんだけど、彼は優しかったけどはっきりと別れないまま自然消滅してしまいました。

友達からは、浮気してるからやめときなよ。って言われたけど。

その時は信じられなくて、もっと早めに気がつけば傷も浅くてすんだと思ってます。

何より3年も損しなくてすみました。

その友達の話をもう少し聞いておけばって公開してます。

ただかっこいい人とつきあえて満足。

そんな女子は一度読んでおくと参考になります。

大学デビューできた女子大生【高校時代、憧れだった彼とつきあえた話】

身長は低い方で普通体型。性格は内向的で大人しく、目立たない存在でした。

周りが青春を謳歌している中、私は恋人など勿論なく、友人も少なくてつまらない毎日でした。

大学生になってからダイエットもして、見た目は普通になりました。

周りの友人達を見習って髪を整え、ファッションも変えて鏡を見るのも前ほど嫌ではなくなってました。劣等感も薄くなったせいか、以前より性格も明るくなっていた頃です。

そんな時、高校で同じ部活だったメンバーで集まることになりました。

その中に「彼」がいました。

高校の時、ひとつ上にいた憧れの先輩。

男性アイドル並に綺麗な顔をしていて、とても素敵な彼。それでいて優しく、話も面白い人でした。

久しぶりに会話をして、高校の頃の甘酸っぱい気持ちがよみがえってきました。

高校の時は太っていたのもあり、オシャレに関心もありませんでした。

だから、彼に釣り合わないと思って、諦めていました。

高校仲間と会うようになって仲良くなれた

久々にあった時は、横に並んだ時に横顔を見て「ああ、綺麗だな」って思って、そんな人の隣にいるだけで幸せで嬉しかった。

それと私が食べているところを見て、楽しそうに見てくるところも好きでした。

それからは、飲み会とか何人かで集まった時に、彼の方から私の隣の席に座ってきたり、地元が同じ方面だったので帰りに送ってくれたりして何となく距離が近くなってきたなって感じでした。

好意を持ってくれてるかなってドキドキしたり、寝る前に思い出してふわふわしたりしました。

時々、高校仲間と一緒に遊ぶようになってからは、メッセージしたりして、個人的なことも話せるようになっていっていて好きになっていました。

ある時、彼から「お互い気が合いそうだし、好きだからつきあいたい。」って話がありました。

その時は、嘘みたいに嬉しくてすぐOKしました。今にして思えば、恋愛に恋愛していたようなそんな気分だったような気もします。でも、その時は、ただひらすら嬉しくて、それからの日々が楽しみでしょうがなかったです。

つきあい始めて憧れの彼といるだけで幸せ

隅田川沿いをずっと歩きながら、話をするだけでとても楽しかった。

夏休みには式根島へ旅行に行き、青く綺麗な海で遊ぶのもとても楽しかった。

とても、気を遣ってくれて大切にしてくれているのが肌身で感じられて好きでした。

ずっとふわふわ、ウキウキしている気分でした。

就職後に会えなくなった彼との関係【自然消滅】

彼が就職して忙しくなり、交際は自然消滅寸前。

けれど、そんな日々も長くは続きませんでした。

彼が就職して忙しくなり、なかなか予定が合わずに会うことが難しくなりました。

「おやすみなさい」の電話も、メールの返信も次第に減っていきました。

あまり私の方から電話やメールをしてしつこいと言われたくないからと、こちらからアクションは取りませんでした。

寂しかったけれど、嫌われる方が怖くて。

それに加えて、昔からの親友に「あの人、浮気してるから止めた方がいいよ」と言われて、そんな訳ないって彼を勝手に信じ切っていて親友すら疑ってました。

私には、どうしても浮気している気配は見えなくて、恋愛慣れしてなかったからかもですが。

確かに、私と会っている時間は減りました。

不安になったけれど、彼を問いただすような勇気もなく、互いに連絡が途絶えていました。

3年経っても彼のことが好きだった

彼のことが気がかりになりつつも、私も卒論や就職活動で忙しくなり、そのまま音信不通。

それでも時々、彼のことを思い出しては切なくなりました。

連絡をしようにも話のきっかけがなくて、携帯電話の彼の名前を見ては溜息ばかり。もっと私の方から積極的に連絡すればよかったと、常にもやもやする気持ちで埋め尽くされてました。

もしかしたら、先輩の方も気にしているかもしれない。

それなら連絡しなくなった私も悪い。

ぐるぐる考えては、もやもやが晴れることもなかったです。

それから、3年もして再会のタイミングがありました。

私はよりを戻したい思いが強くて、でも3年も経ってる。

3年ぶりにあったら別の彼女がいてショックだった

彼は相変わらずアイドル並に綺麗で、かっこよかった。

音信不通だったのが嘘のように、普通に話しかけてきました。

彼が変わっていなくて、嬉しかった。

ご飯を食べながら、私は勇気を出して言いました。

「ずっと連絡しなくてごめんなさい。ずっと気がかりでした。」

彼は気にしていなかった風で、その話がそれ以上発展することなくて。

話の中で、彼にはすでに他の彼女がいることを知りました。

復縁したいという望みは完全に断たれました。

ショックを顔に出さないようにしながら、彼との会話を続けました。

普通に考えれば、3年もしてたらもう他につきあってる人がいても不思議じゃないし。そりゃ、そうだよね。って。

一言ぐらいあっても良かったんじゃないのって思いながらも、私からも連絡できていないに後悔と自分に恨みすら覚えました。

他に彼女がいるのに誘ってきた彼【都合がいい女にはならない】

夜も更け、そろそろ帰ろうとした時。

彼が言いました。

「今夜、うちに泊まっていかない?」

ああ、ここを期待して今日はあったんだなって。

なんか、すごく。虚しい気持ちで。

3年前の友人がいってくれた言葉は正しかったんだなって。

独りぼっちになった感じで。

「今日は帰ります。」って言って、気丈にふるまったふりをして帰って泣きました。

それからしばらくは痛い感じだったけど、

いくら内向的な性格でも、ここぞという時には自分の意見をはっきり言うことが必要だと分かりました。

元々、内向的な人でもちゃんと渡り合っていけないと損したりするんだってわかりました。

同じような気持ちの女子っていると思います。

強い女子になれるように切磋琢磨できたらって思います。

#自然消滅 ずるい

topプライバシーポリシーお問い合わせ