彼と彼女のロジック

彼と彼女の体験談を蓄積しています。

自分勝手な彼女でごめんなさい【大学生になって謝れてよかった】

わがままだった中学女子が彼と出会って。

彼にわがままで傷つけて、振られて。

高校になってやっと自分のことに気付いて。深く考えるようになって。

大学生になって、SNSを通じて連絡をとって、

近所の公園で思い出にふけたあと、ちゃんと謝罪できました。自分勝手な彼女でごめんなさい。

あの時は気分屋でわがままな性格で、男子とも気兼ねなく話せるタイプ。

見た目は細身で背はごくふつう、髪型がショートで活発だけど、女子からはイメージ悪かったかな。

モテるって勘違いしてました。

時々、妙に寂しい気持ちになる時があって、あの時。

もう少し考えていたら、彼ともうまくいっていたかもしれません。

どうしても彼にわがままになってしまう人、気分屋で喧嘩になってしまうことがある人は読んでみると参考になります。

わがままだった中学時代【彼とつきあって思いやりを知りました】

中学生の頃、学校では気分屋でかなり自己中心的なタイプでした。

背は普通で、顔も普通。

男子と気兼ねなく話ができて、モテるんだと勘違いしたりもしてました。女子からいいイメージはなかったかな。

わがままで、周囲の人に迷惑が掛かっていたと思います。

その当時は、迷惑とか掛けていても、誰に何と言われようとも、へっちゃらな顔をしている酷い人間。

後になって、家に帰ってベットでゴロゴロなんかしていたりすると、急に寂しい気持ちになったりすることもあったけど。

「ただそれがなぜなのか?後悔なのか?」とか具体的には掘り下げて考えることもなく。

中学1年生の時に出会った彼は不思議な魅力があった

中学一年の頃、私のクラスは騒がしい生徒が多く授業中いつも先生の話す事を妨害したり、
ふざけたりして、とっても明るい生徒たちばかりでした。

同じクラスになって、席はそこまで近くなかったけど、授業中の彼はふざけて面白いことをよく言ってた。

中休みになると、彼は自分の席でボーっとしていることが多かった生徒。

だからと言って、内向的というわけでもなく、他の男の子の友達が話しかけるととても楽しそうに話して、からかったりからかわれたりしていました。

しかし女の子とは話す事は少なくて、当時は恥ずかったのかもしれません。

私はそんな彼の温度差がいつも気になっていました。

大人しいように見える時間と、明るく振る舞う授業中の姿に、なんとなく興味をそそられていました。

話したきっかけは、いつもの休み時間になって、

ふと見ると、彼は自分の席で机に向かってぼーっとしていました。

そこへ私が「おーい?なにしてんの?」と声をかけました。

彼はびっくりして、目が少し泳いでるような感じがしました。

「別に、なんもしてないよ。」

そんな素っ気無い返答でしたが、少し笑ったような感じだったので、私と彼はそこから少しずつ話すようになり仲良くなりました。

同じクラスになって話すようになって、1ヵ月くらい経った頃、彼の呼び出しを受けて告白されました。

付き合って半年後から別れては復縁の繰り返し

半年ほど経った頃に、私のわがままのせいで別れたり付き合ったりを繰り返すようになりました。

彼を試すように、いちいち別れを切り出すのは私で、復縁を切り出すのはいつも彼でした。

今にして思えば、そのまま素直に付き合っていれば結婚もない話ではなかったかもしれません。

中学2年生になり彼を試したら正式にフラれた

とても愛されているのを知っていて、私はいつも彼を試していました。

本当の別れを感じたのは、中学二年生の頃、私がいつものように別れ話を切り出した時。

彼は初めて私の切り出した別れ話に「分かった。」しか言わなかった時です。

喧嘩していた時だったので、彼のその返事だけでよかったはずなのですが、そのまま何も言わず彼が私の前から消えて、ハッとしました。

「なんで止めないの・・・?」と。鷹をくくってました。

また、すぐ戻ってくると思っていました。

何日たっても彼からの連絡もなく、私を探す彼の姿もなく。

そこで本当に終わったんだと確信しました。

何もなくなったような気分になって寂しくなりました。

フラれたんだな。私。

友達も多い方でなかった私は教室でボーっとすることも多くなり、中学一年生の時の彼のようになっていました。

初めて呼び出されて告白されたとき、それはもう嬉しかった。

一緒に話すようになってから、彼がたまに魅せる笑顔が私も好きだった。

一緒に自転車に乗って帰ったり。
家でのんびりテレビを見ながらおしゃべりしたり。
夜中に家を抜け出して二人で自転車でドライブしたり。

彼の背中は大きく、暖かい背中に抱きつくのがとても好きでした。

そんな素直な気持ちを隠して、わがままばかり言って愛情表現もせず。

素直じゃない私。わがままなせいで喧嘩する私。彼の気持ちをためそうといじわるだった私。

そのせいで別れることになりました。

高校生になって「相手の気持ちに気付いた」

彼氏も友人も変わっていくうちに、中学生時代の時のような揉め方をしたことがありました。

この時、相手が傷ついていることに、はっとなって「このままじゃいけない。」

そう考えるようになりました。

少しずつ、揉めた原因や自分が何に対して怒っているのか、相手は今どんな気持ちかなどを深く考えるようになって達観できるようになりました。

大学生になってから再会して謝れてよかった

SNSを通じて、彼に久しぶりに会う事になりました。

彼の家は、それほど離れていなかったので、近所の夜の公園で久しぶりの再会をしました。

ブランコに乗りながら、中学の時の話をして思い出にふけました。

そして、わがままだったこと。謝りました。

「あの時、あなたの事をひどいことをしてしまってごめんなさい。好きでいてくれた事は凄く伝わってたのに、我儘ばっかり言ってたね。」

それまで笑顔を見せなかった彼は、

「君は凄くわがままだった。でも全然いいんだよ。」

そういいながら私が好きだった彼の笑顔が、そこにはありました。

その笑顔を見た瞬間、
「私は本当にもったいない、ひどい事をした」と痛感しました。

それから年月が経ち、彼は素敵な女性と結婚してお子さんを授かりました。

素敵な家族の写真をSNSで見て、微笑ましく感じていました。

幸せになってくれて、ホッとしたというのもあります。

私はというと、何人か男性とお付き合いはして、昔のように気まぐれで別れ話をしたり、むやみに怒るということはなくなりました。

もうあんなことはしないと決めて、愛情表現や自分の気持ちは素直に言うようにしてます。

#自分勝手な彼女

topプライバシーポリシーお問い合わせ