彼と彼女のロジック

彼と彼女の体験談を蓄積しています。

叶わなかった恋で何年も忘れられない【乗り気じゃない新しい恋で乗り越えた話】

大好きだった彼女。

きっと結婚するんだと信じてたけど、若くて経済力もなくて、

叶わなかった恋。

何年も忘れられなくて辛かったけど、友達から紹介された女の子とあってみたら段々と忘れられました。

彼女以外好きになることなんて絶対ないだろうと思ってた、

友達がしつこく紹介してくるからしょうがなく新しい人にあってみただけ。

でも、気付いたらその子が好きになってて彼女のこと忘れられた。

そんな恋愛の話をうかがいました。

失意で辛くてふさぎ込むこともあったけど、

全然乗り気じゃなくても、新しい人と出会ってみて良かったです。

失恋とかで辛い人、まわりで失恋した友人がいる人は読んでみると参考になります。

大好きだった彼女が急にそっけなくなり別れた話【あの時はしょうがなかったのかも】

彼女との出会いは職場、私が20歳の頃です。

僕が派遣会社の社員で、彼女は派遣先で働いているスタッフ。

最初の印象で言えば、年上の綺麗な人。

明るく、活発的で笑顔が印象的でした。

一方、自分は背も見た目もいたって普通の男子。

はじめはそんなに意識することもなく働いてました。

ところがある日、急に社員から「彼女の子供を預かって欲しい」と依頼が。

当然、僕は子供の面倒を見たことがなく戸惑いましたが、どうしても彼女じゃないとできない仕事があるようでした。

それで子守という流れに。

しょうがなく引き受けました。それがきっかけで、彼女とは親しくなり同時に彼女が結婚していることも知りました。

もちろん結婚している方とはお付き合いはできないので、必然と諦める方向になったのです。

ただ、この時から彼女の笑顔を忘れられないことも事実でした。

1年経って彼女と再会【お付き合いする機会が生まれた】

それから1年経って、僕もその派遣会社を辞めてました。

彼女のことも忘れかかったある日、ビデオ屋でばったり彼女と再会。

何故かどきどきが止まらず

「久しぶりだね」と言う彼女を見つめるしかなかったです。

彼女が困っている様子でしたが、なんとか会話できました。

私「今はどこで働いてるの?」
彼女「〜のコンビニ。」
私「今度、通りかかったら寄ってみるよ。」
彼女「うん。じゃあまたね。」

こんな感じだったと思います。

その後は、何回かコンビニに行ってからアタック。

最初、話しかける勇気がなくてためらっていましたが、やっと勇気を出して話しかけれました。

彼女と話をする中で離婚していることを知り、好きになってもいいんだと嬉しくなりました。

それからは積極的に、連絡も取るようになっていきました。

こぎつけた彼女との初デート

連絡を取り合うようになってからは、彼女が働くコンビニに何回も通うようになっており、デートに誘うチャンスを探してました。

一応、働いてる最中なので、なかなか誘えず悶々とする日々。

このままではダメだと思い、手紙でデートのお誘いをする作戦に出ました。

手紙をもっていたら、彼女の方から「なにそれ?」と話しかけてくれたので手紙を渡しました。思ってみれば、かなり奥手な方だったんだなと思います。

男同士でバーベキューしたり、遊んだりは良くしていたけど、異性には奥手でした。そんなにモテなかったし。

当時にはメールはあったけど、

何故か僕はメールではなく直接的な手渡しの手紙を選んだ理由が思い出せません。

きっとその方が気持ちが伝わる気がしたのでしょう。

やっとデートの誘いができメールで返信が着ました。その内容はOKでした。

その時の僕はかなり嬉しくてたまらなかったことを覚えています。

そんな感じでやっとデートまでこぎつけたのですが、なかなか告白までは伝えられませんでした。

何度かデートして、山の頂上で夜景の綺麗な場所で告白しました。

「私、子供いるし別れたばかりだよ。」
「そんなのは関係ないよ、付き合おう」
「でも、まだわからなくて」
「大丈夫、付き合ってダメなら別れてもいい」
「こんなシチュエーションで告白はずるい、、、付き合おっか」

僕らは、晴れて恋人に。

上手くいっていたはずの恋愛が一変【1年が経過してから起きたこと】

子供と一緒にデートしたり、ご飯を食べたりと楽しい時間を過ごしました。

結婚も意識してましたが、私の給料が低いのが難あり。

それでも彼女とはすごく良好な関係を作れたと思っています。

また、彼女の方も前の旦那さんとの関係もすべて切ってくれていたので彼女の愛も感じていました。

それが、ある日を境に急にそっけない態度に。

デートで彼女を迎えに行った日に、なかなか彼女が降りてこず心配になっていました。30分してやっと車に乗りこんだ彼女、何があったかは教えてくれません。

その日は別にいつもと変わらなかったのですが、それ以降彼女の態度は変わっていきました。

そっけない態度。そして「好きな人ができた」と。


彼女と連絡するも、なかなか繋がらない日が多々ありました。

全然繋がらないわけではないので、そこまで心配はしてなかったけど。

メールでは

「最近、全然返信メールや会う機会も減ったよね?」
「そうかな?たまたまじゃないかな。」
「なんかあったかい?嫌になったとか?」
「別にそういうわけじゃないけど、なんかしつこいよ。もうしゃべりたくない。」

それっきり返信が返ってはきませんでした。

僕もしつこいかなとは思いつつも会えるまで粘り

やっと会えたら

「別れよう、私にはもう好きな人がいる」

そんな回答だけですぐに別れ離れになってしまい、納得もできずに連絡も拒否されました。

急な別れで失意のどん底だった

あんだけ順調にいってたのになぜ、なぜ、なぜの二文字しか浮かばず失意のどん底に。

最初は理由が分からずに納得できない思いがあったし、連絡も沢山したのですが着信拒否され、だいぶ苦しみました。

今になって思えば、本当のことを言っても諦めないことを彼女は知っているので連絡を取らないと言う方法をとったと思います。

彼女以外好きになんてなれる訳ない。

そう思ってましたが、親友が僕の心の蓋をあけてくれました。

何年もかけて女の子を紹介したり慰めてくれたり、それは感謝でしかなかったです。

なかなか次に進めなかったのですが、その友達が何度も女子を紹介してくれたので友達にも悪いと思い会ってみることにしました。

そこから友達を経てやっと新しい彼女と付き合えました。

新しい彼女ができて忘れられた頃、偶然また再会【理由を知って納得できた】

偶然、彼女と再会することがありました。

その時は、未練も消えて笑顔で「久しぶり」と言えました。

そんな彼女にあの時の別れた理由を聞いたら、彼女の親の反対でした。

僕の若さ、経済力などいろんな理由だったみたいです。

彼女は泣いて謝りました。

彼女には1人で悩んでほしくなかった。僕が引かないと分かっていても、ちゃんと話し合っていれば傷も浅めで済んだかもです。

僕は笑顔で「大丈夫」とだけ言って別れていきました。

あの頃は若くてどうしようもないことが多かったと思います。

本当に大事な人だからこそ、別れた後も中々次にいけなかった。

新しい彼女を紹介してくれた友人には、本当に感謝してます。

私も大事な友人が困っていたら、全力で力になると誓います。

運命だと思っていても、別れは来る時には来るし、相手が必ずしも悪いわけではない。だから苦しむなとはいわないですが、また新たな恋を恐れないで欲しいと思います。

#叶わなかった恋 忘れられない

topプライバシーポリシーお問い合わせ